大丈夫?ムダ毛の処理で心配になる肌の負担

ムダ毛の処理方法にはどんなものがある?

冬の間には気になりませんが、夏になるとノースリーブや半袖などを着るようになって肌が露出されます。美しい腕や足が見えるのならいいのですが、もし処理し忘れたムダ毛が生えていたら周りの人から肌を隠したくなりますね。季節の変わり目などで急に暑くなった時にも、いつでも堂々と半袖になれるように、ムダ毛処理は気を抜かずに行っておきたいものです。処理方法には毛を剃る、抜く、薬剤での処理、脱毛テープ、脱色などの他にエステや脱毛機器を利用した方法もあります。

剃る・抜くムダ毛処理での肌の傷み方

ムダ毛を剃る方法は、手軽で時間も費用も掛かりません。ただ、他の処理方法よりは毛がすぐに伸びてきて、毛先がチクチクして気になります。カミソリでムダ毛処理を行うと、毛の他に皮膚の表面も同時に削ってしまうので肌の負担が大きく、肌荒れの原因にもなります。電機シェーバーでのムダ毛処理は、カミソリのように肌への負担がありません。処理も簡単ですが、ムダ毛が再生するまでの期間が少し短くなります。ワックスや脱毛テープでの処理は一気にムダ毛を引きはがす方法です。毛穴を傷めやすく、角質を剥がすため、肌も傷みます。

その他のムダ毛処理方法での肌の傷み方

除毛クリームでの処理方法は、薬品で毛を溶かしてから洗い流す方法です。処理された毛先が丸くなっているのでチクチクすることもありません。ただ、薬品による肌ダメージがあるので、肌の弱い人にはおすすめできません。脱色剤は、毛自体は残りますが黒い毛の色素を抜いて色を薄く、目立たないようにさせる方法です。伸びてきた毛との色ムラがみえることもあり、やはり薬品によるへのダメージで肌が痛みます。さまざまな種類の処理方法がありますが、ムダ毛の処理による肌の荒れに気をつけてきれいなお肌になりたいですね。

医療脱毛は医療を基本として脱毛を行っていますので、肌荒れの心配もなく安心して脱毛を行える方法になります。